元気とベストコンディションをサポートするパーソナルトレーナー

鎮寺信哉 オフィシャルサイト

消毒は大事ですが・・・

1週間前の39県に続いて、本日関西の2府1県の緊急事態宣言が解除となりました。

残る首都圏4都県と北海道ももうひと踏ん張りですね。

 

鹿児島では休業要請も解かれ、条件付きながらジムも利用できるようになり、少しではありますが仕事もできるようになってきました。

 

「密閉」「密集」は問題なく対応できるので、残る「密接」が必要最小限ですむように留意しながらパーソナルセッションを行っています。

 

そんな中で注意すべき問題が出てきたので紹介します。

 

この時期なので、心身のさまざまなストレス反応にはこれまで以上に念入りに対処しているのですが、メンタルストレスなどひと通り抜いた後にストレス物質としての反応が残ることがありました。

 

その原因は、コレでした。

今やどんなお店の入り口にも置いてある、消毒液です。

 

アルコール系、次亜塩素酸系いずれにしても、一日に複数回それも毎日のように使用することが長く続くと、どうしても身体に負担がかかります。お仕事によっては部屋に入るたびに殺菌・消毒が必要な方もいらっしゃいます。

 

よくいわれる手荒れについてだけでなく、経皮吸収されて血中に入ることで内臓や筋肉へも少なからず影響が出てくるのは当然ともいえます。

 

あるお客様は「おなかに力が入らなかった」と訴えられ、実際に大腸や膀胱などから消毒液のストレス波動を抜いて対処すると、グッと力が入りその後のトレーニングも順調に進みました。

 

もちろんシュッと1回噴霧することが身体に悪いわけではないのですが、流水の手洗いだけでもある程度の効果があるといわれますので、なるべく身体に負担をかけずに最善の効果を得られるような対策をみつけていきたいものです。

 

これからのパーソナルコンディショニングではそういった問題にも個別に丁寧に対応していきたいと思います。

0 コメント

新着情報