· 

夏の軸ブレにご用心

立秋を過ぎ、暦の上では秋とはいえ、もちろん今年の酷暑はまだまだ続きます。

なんとか夏バテ知らずで乗り切りたいものですね。

 

私のパーソナルコンディショニングでは、「自覚のない筋肉の抑制弱化」や「自覚のない身体の機能低下」などに注目して身体を整えていきます。

 

先日もお客様のパーソナルセッションでストレッチポール(フォームローラー)を使用した際に次のような例がありました。

写真① 調整後の「アフター」写真
写真① 調整後の「アフター」写真

ほぼ整ったバランスで丸太状のポールに横になっています。

 

そして次の写真②は、写真①の20分ほど前です。

写真② 調整前の「ビフォー」写真
写真② 調整前の「ビフォー」写真

一目瞭然ですよね。上半身は右に回り傾き、頭頸部の向きも違います。
つま先の位置も5㎝ほどズレています。
実はこの写真②も調整途中の状態で、セッション開始時はもっと大きくズレていました。

 

ただご本人には、これだけズレていた自覚がなかったのです。

 

詳細は省きますが、主に内臓系にいささかの機能低下があり、そこから関連部位まで調整して、写真①の状態まで整いました。

 

私たちが「軸ブレ」と呼んでいる、体軸が乱れて生体エネルギーの循環が正常でない状態になると、スポーツパフォーマンスだけでなく日常生活でも小さなズレが生じて怪我や事故につながりかねません。

 

例年にない暑さが続く今年こそ、体軸を整え生体エネルギーが正常に循環する状態を保っていただくことで元氣に乗り切っていただきたいと思います。