· 

阿蘇~高千穂の旅 前編

不定期で全国各地の高波動パワースポットを巡っている東京の勉強仲間有志が九州にやってくるということで、特別に仲間に入れてもらいこの度参加してきました。

 

冬至の12月22日から23日で、九州深奥部の阿蘇~高千穂を巡ってきました。

 

22日は集合した熊本空港からスタートし、山都町にある幣立神宮へ。

雨の中を境内から敷地内の広い森の中にあるスポットを歩きました。

雨の中でもオーブが現れてくれました。
雨の中でもオーブが現れてくれました。

 

高波動スポットあるあるで気がつくと長居していて、初日はこの幣立神宮のみとして宿に向かうことに。

ところがなんと、南阿蘇の宿舎近くでは雪化粧して道路はシャーベット状となっていて、そそりそろりと運転しなんとか無事にチェックインできました。

 

宿でもいろんなハプニングがありましたが、それもまた楽しめました。

先生を囲んでの歓談は貴重な学びの時間でもありました。

 

2日目は素晴らしいご来光から始まり青空が広がる絶好の天気でした。

 

まずは今回のメインスポットのひとつ、上色見熊野座神社へ。

道路脇すぐにある鳥居から、素晴らしい高波動に包まれていて、神秘的な深い森の参道もとても心地よかったです。

参拝した拝殿、さらに少し上った「穿戸岩」での高波動エナジーは筆舌に尽くしがたい素晴らしいものでした。仲間たちと共有するにとどめたいと思います。

 

ここでの気温は1℃~2℃ほどだったのですが、私は長袖シャツにパーカーのみでした。

あたたかな御神気のおかげです。

参拝後、一の鳥居近くにて。
参拝後、一の鳥居近くにて。

 

盛りだくさんすぎるので、2回に分けます。

後編へ続く。