· 

冬の水分不足に注ご意を

新型コロナウィルスによる肺炎が国内外で広がっていますね。

 

もちろん心配は心配ですが、不安と恐怖は人間のエネルギー循環を乱し病気を引き寄せてしまいます。

手洗いうがいなどを適切に行い、栄養と休養をたっぷりとることが何より重要だと考えます。

 

栄養と同じく、水分も十分にとることが大切です。

 

パーソナルコンディショニングの際に水分チェックをすることがあるのですが、信じられないことに「200リットル超の水分不足」と反応するケースも少なからずあります。もはやバスタブいっぱいの水の量です。

 

もちろんそんな量を飲んで解消できるわけはなく、例えば純粋に水分摂取不足で腸のはたらきが不十分であったり、体内にストレス物質をためこみ腎臓・膀胱系のはたらきも落ちていたり、電磁波のストレスを受けていたりなど、さまざまな要因から身体の水分が解毒用に過剰に使われているとこういった反応になるようです。

 

ひとつひとつ対処していくと、1リットル以下など正常な反応に戻ります。

(そしてこの段階で実際に水分を摂取していただきます)

 

暑さで喉が渇く夏場とは違っても、乾燥する冬のこの時期も適切な水分摂取が必要です。

 

潤いのある日々を送りましょう。

 

先日とある御神水を汲ませていただいてきました。
先日とある御神水を汲ませていただいてきました。