· 

凱旋試合 ソフトボール日本リーグ開幕戦

4月3日(土)に出水市ブルーチップスタジアムで開催されたソフトボール女子日本リーグの開幕戦に行ってきました。

 

私が神村学園高等部さんにお世話になっていた時期の中心選手だった中野玲奈選手が進んだ太陽誘電ソルフィーユが来鹿ということで、ぜひ応援をと楽しみにしていたのです。

 

ところが、当初は4日の日曜日に観戦を予定していて、週末に至る天気予報が雨を避けられそうになく、中止などになっては困るとギリギリでスケジュールを調整して、なんとか土曜日に行くことができました。

(※幸い日曜日も雨が上がって予定通りに試合が行われました。)

 

東京オリンピック日本代表に選出された鹿児島市出身で神村学園高校卒の川畑瞳選手(デンソーブライトペガサス主将)も午前中の第1試合で地元に凱旋ということで、1000人近い観衆が集まっていました。

試合前のセレモニーで地元出身の中野選手に花束が贈呈されました。

 

そして上の写真、対戦チームである戸田中央総合病院メディックスの監督がなんと、私や中野選手がお世話になっていた神村学園高等部の監督だった森澤隆行氏なのでした。今シーズンからの就任を直前に知ってびっくりでした。さらにさらに、森澤監督の元で神村学園高のコーチだった田邊奈那選手も現役復帰していてダブルトリプルの驚きでした。

 

今回は中野選手の地元凱旋応援ということで太陽誘電さん側に位置取っての観戦です。

 

試合はメディックスの守備の乱れなどもあり、ソルフィーユがリードする展開でした。

中野選手はベンチスタートでしたが、大きな声と元気な動きでチームを盛り上げていました。後半にはきっと出番があると待っていましたが、最終7回の攻撃に代打で登場です!

 

いい軸はとれていたのできっとやってくれると信じて注目していると、やや体勢を崩されながらも見事に三遊間を抜けるレフト前ヒットを放ってくれました。

この球をレフト前に打ち返しました!
この球をレフト前に打ち返しました!

試合は8-2で太陽誘電ソルフィーユが勝利しました。

ただ戸田メディックスも前述のように失策がらみの失点が多く、得点した2本のホームラン以外にもしっかり捉えた打球が多かったので点差ほどの差はないと感じました。今季移籍の選手も多いそうで、就任間もない森澤監督のチーム作りが進めばチーム力も上がっていくのだろうと思いました。
(実際翌日のゲームでは6-0と完封勝ちしています)

 

試合後、中野選手とは少しだけ顔を合わせて声をかけることができました。

高校時代から変わらぬ明るい笑顔を見せてくれて嬉しかったです。
これからのさらなる活躍を応援しています!

田邊選手にもひとこと声をかけることができましたが、メディア対応やチームの都合で森澤監督にはご挨拶かなわず残念でした。

地元凱旋ヒット、おめでとう!
地元凱旋ヒット、おめでとう!

 

最後に少しだけトレーナー目線での感想を。

 

日本リーグでプレーするのトップ選手たちでも、最適なパフォーマンスのための良好な体軸を確保している選手は少ないなというのが正直な印象でした。

 

「電磁波」「サプリ」「日焼け止め」は共通して注意・対策が必要に感じました。